冒険者の犬

結婚2年半経過した事務職が書く日記ブログです。

グランパス報道状況と僕個人の思いの記録 その3(11月14日時点)

 残念ながらJ2への降格が確定した名古屋グランパス。11月14日昼現在での報道状況は次のとおりです。

 

契約満了・退団確定との公式サイト発表あり

 ボスコ監督、闘莉王、 小川、竹内、西村、明神、森勇人、安田、野田、イ・スンヒ(New!)、グスタボ(New!)

退団確定的とのスポーツ紙報道あり

 オーマン(でも契約満了にならず)、ハ・デソン、シモビッチ(ただし東スポ)

移籍オファーありとのスポーツ紙報道あり

 田口、永井、川又

移籍可能性を臭わせる本人コメントつきのスポーツ紙報道あり

 大武(New!)、小屋松(New!)

次の監督として交渉進行中とのスポーツ紙報道あり

 ル・グエン ←続報がまったく出てこないので交渉難航? & 担当のチーム関係者の口の堅さを推測させる。

 

退団確定選手について

イ・スンヒの思い出

 彼自体はすごく頑張っていました。優良助っ人と言えるかどうか……外れではない選手でした。しかし守備面では個人でボール取りきれるほど強くも無く、つっかけることで危険なスペースを空けてしまう場面もしばしば……。攻撃面の貢献はちょっと……。恐らく兵役の絡みなんでしょうけど、実力的にも1年でのお別れも致し方ない、もしJ1で優勝狙うなら入替止む無しの外国人選手でしたね。母国での今後の活躍をお祈り申し上げます。

 

グスタボの思い出

 いやー靱帯切りつつ走ってた変態でしたね。初年度にお前本当に18歳なのか年齢詐称してんじゃないかと言いたくなるほどのフィジカルお化け※ただしサッカーは上手くないで、リアル『ごういんなドリブル』とでも言いましょうか、わけのわからん突破が魅力でした。J2ではフィジカル無双できそうな気もするので※ただし点を取るとは言ってない肉弾系フォワード不足のチームは是非オファーを。しかしこれでグランパスの前線マジどうなるんや……誰か残す見通しは立っているんですよね? ね?

 

大武と小屋松の移籍がどうとか

 まず第一に、『移籍希望』と本人達が明言しているわけではありません。

 大武の場合、明確に本人の言葉とされているのは、 

  • 「降格の責任を感じているし、本音を言えば残りたい。ただ、クラブのビジョンが見えない」
  • 「降格の責任を感じているし、本音は残りたい」
  • 「このままでは1年で昇格できるとは思えない。クラブのビジョンが見えない以上、延長契約は考えられない」 

というところです。積極的に移籍したいなんてことは一言も言っていませんね。彼の言葉を信じるならば、今後の明確な中長期的な計画を提示するとともに、大武を必要なんだと説得すれば、残留宣言も聞けるかもしれません。

 小屋松の場合

  • 「まだ(交渉は)1回目なので、提示を受けただけです」
  • 「他クラブでプレーすることも魅力的ではある」

というところで、大武と同じく積極的に移籍したいなんてことは言ってない。提示を受けて、持ち帰って代理人等と提示内容を検討し、他チームからのオファーがあれば比較し、決める、という順番なんでしょう。

 二人とも、残留確定とも言ってないのですが、出て行きたいとも言ってない。予断は許しませんが、他チームからの正式オファー報道がない以上、そこまで悲観する必要もない現状かと思います。

 

契約満了にならなかったオーマンくん

 退団確定的と報道されてましたが、クラブ側からの契約満了は無いということに。あれ? 意外と残留ですか? Jの他チームからオファーがあるとも思えないので、本人が母国に帰りたいと強く希望しないならグランパスに残るかもですね。個人的にはもう1シーズンくらい見てみたい選手でしたし、主にJ2中位以下チームのCBガチャするよりはよっぽどマシだと思いますね。

 

東スポ以外には移籍ニュースのないシモビッチ

 現状では、東スポさんが『二桁得点取ったから他チームの評価も高そうだし、だったら移籍オファーあるだろうし、移籍オファーあったらJ1他チームまたは国外チームに移籍するんじゃね?(意訳)』という、関係者ですらない完全憶測ベースと思われる記事を書いていただけなんですよね。14日現在も元気に練習参加しているそうなので、意外と残留あるのかもしれません。残って欲しいなあ。

 

暫定的な来年のメンバーについて(正式オファー有選手除く)

GK : 楢崎、武田、荻

CB : 大武、オーマン、酒井、宮地(大卒新加入内定)

SB : 矢野、小林、高橋

MF : 磯村、青木、矢田、扇原、田口(残ってくれると信じてる)

SH : 松田、和泉、小屋松、杉森、田鍋

CF : シモビッチ、松本(大卒新加入内定)

 

 オーマンとシモビッチと田口については僕の願望です。大武と小屋松については正式オファー報道無しのためメンバーにカウント。左サイドバックと、主に守備面での貢献を期待したいMFが超手薄ですね。外国人選手の枠的に、オーマン・シモビッチが残っても、最低で残り2枠は使える計算です。というわけで、守備的な中盤には外国人選手の補強ありそうですね。レオ・シルバへオファーしたという報道の続報はどうなったのやら。

 

 で、選手の移籍もきになりますが、とりあえずいい加減に監督確定ニュースをください。

 

 だいたいそんなかんじ。

 

グランパス報道状況と僕個人の思いの記録 その2(11月9日時点)

 残念ながらJ2への降格が確定した名古屋グランパス。11月9日昼現在での報道状況は次のとおりです。

 

契約満了・退団確定との公式サイト発表あり。

 ボスコ監督、闘莉王

契約満了による退団確定とのスポーツ紙報道あり 

 小川、竹内、西村、明神、森勇人、安田、野田(New)

退団確定的とのスポーツ紙報道あり

 オーマン、イ・スンヒ、ハ・デソン、シモビッチ(ただし東スポ)

移籍オファーありとのスポーツ紙報道あり

 田口、永井、川又

次の監督として交渉進行中とのスポーツ紙報道あり

 ル・グエン

 

 

野田さんについて

 いやー怪我を承知で獲得したとはいえリハビリ長かったし、大怪我治ったあともよくケガしてましたね。西野さんの無茶使いが悪かったような気もするけど。ポストプレーできたし、ちょいちょい器用なところを見せていたので、主にツートップとして誰と組んでもまあまあ良いプレーをできる印象でした。てかシモビッチ、川又、永井の去就が超不透明な今、むしろまず確保しておくべき戦力だと僕は思っていたので、戦力外には驚きました。稼働率と年俸が厳しく評価されたんでしょうね。少なくともJ1下位以下レベルのクラブでならレギュラー張る実力あると思うので、今後のご活躍をお祈り申し上げます。……って今期のグランパスはJ1下位じゃねーか! という自虐ネタでした。まあ伝統的にグランパスの前線は豪華だから多少はね?

 

改めまして、暫定的な来年の面子は……

GK : 楢崎、武田、荻

CB : 酒井、大武、宮地(大卒新加入内定)

SB : 矢野、小林、高橋

MF : 磯村、青木、矢田、扇原、田口(残ってくれると信じてる)

SH : 松田、和泉、小屋松、杉森、田鍋

CF : グスタボ、松本(大卒新加入内定)

 クラブ主導での単純戦力外は落ち着いたと思われますので、今後は新監督の判断およびオファー次第で出て行く可能性があります。

 

以下が今日の妄想パートになります。

 

 移籍市場については昇格チーム確定後じゃないとなかなか活発にはなりません。では今後はどうなるでしょうか。上記メンバーの内、オファーがあってもおかしくない活躍を見せた選手は矢野と楢崎くらいですね。素材青田刈りならば杉森や小屋松、青木もオファーがあってもおかしくはないでしょう。一方で、出場機会を求めて矢田、松田あたりが出て行く可能性もあるでしょう。

 僕は責任を感じて残留しろとは思いません。しかし特に新人とこれまでサブだった若手にとって、出場機会的にグランパスに残留するメリットは増したと思います。特に、川又かシモビッチのどちらかが残ったとして、和泉、小屋松、杉森等のセカンドトップできる選手には大チャンスですよね。どちらも残らなかったら、とりあえずグスタボがCFの1番手……いやいや、松田だよね。同ポジションに大物が移籍加入するか、自分達が残ってもJ2下位に沈みそうだから出て行く方がマシと判断するか、J1中位以上のチームでレギュラー確約もらえるか(永井、川又はこれに該当)以外では、出て行くメリットってさして無いと思います。よく考えて判断していただきたいものです。そして、入ってくる人の情報も早く明らかになると良いなあ。

 

だいたいそんなかんじ。

グランパス報道状況と僕個人の思いの記録

※契約更新しないと報道された選手が増えたので一部修正しました。

 

 残念ながらJ2への降格が確定した名古屋グランパス。11月8日昼現在での報道状況は次のとおりです。

 

公式サイトによる契約満了・退団アナウンスあり。

  • ボスコ・ジュロブスキー監督
  • 闘莉王

契約更新しないとのスポーツ紙報道あり 

  • 小川
  • 竹内
  • 西村
  • 明神
  • 森勇人 

退団確定的とのスポーツ紙報道あり

  • オーマン
  • イ・スンヒ
  • ハ・デソン
  • 安田
  • シモビッチ(ただし東スポのみ)

移籍オファーありとのスポーツ紙報道あり

  • 田口(鳥栖がオファー予定)
  • 永井(FC東京)
  • 川又(仙台、磐田)

次の監督として交渉中とのスポーツ紙報道あり

  • ル・グエン
  • デュリックス(ただしデュリックスについては記者の推測っぽい)

 

ここまではソースあり。ここからは僕の推測になります。

 

契約更新しない組について

小川さんと竹内さん西村さん

 3人ともバックアッパーとしては貢献度高いと思うんですよね。それでも戦力外なんだから、年齢および実力や知名度に対する年俸評価を厳しくしたということなのでしょう。個人的に素行面を疑っている人もいるのですが、それについては完全に妄想なのでここでは書きません。

明神さんと森勇人

 まあしゃーないっすね。明神さんは流石に年齢的にきついし森は試合にちっとも出られてなかったから……。

 

 以上を踏まえて、退団確定的者および移籍オファーあり者が全員いなくなると仮定し、その他は全員残ると仮定した場合で、いるはずの移籍加入者およびユース組除いた選手構成は次のようになります。

 

ゴールキーパー 3名

  • 楢崎
  • 武田

センターバック 3名

  • 酒井
  • 大武
  • 宮地(大卒新加入内定)

サイドバック 3名

  • 矢野(右サイドバック)
  • 小林(一応左右やれる)
  • 高橋(左サイドバック)

ミッドフィルダー 4~5名

  • 磯村
  • 青木
  • 矢田
  • 扇原
  • 田口(いなくなると仮定しておいてなんですが、残ってくれると信じてる)

サイドハーフ・ウィング 5名

  • 松田
  • 和泉
  • 小屋松
  • 杉森
  • 田鍋

フォワード 3名

  • 野田
  • グスタボ(存在を忘れてたスミマセンけど退団するかも?)
  • 松本(大卒新加入内定)

 

……これはアカン(白目)

 

 この、容赦のない粛清?人事にトヨタ人事部の本気を感じているのは僕だけではないでしょう。その結果がどう出るか何とも言えません。ただ、ここまでぶっ壊さないとどうにもならなかったんだなって来年納得できるような、そういう結果になることを願ってやみません。トヨタ様におかれましては、ファンが一安心できるようなポジティブ情報(主に監督人事と移籍加入人事)を早く公開していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

グランパス選手動向についての思い垂れ流し記録

 残念ながらJ2への降格が確定した名古屋グランパス。早速、移籍ニュースが出てきております。さて、誰が残り、誰が入り、誰が出て行くのでしょうか。

 

グランパスの所属選手一覧

(ポジションは今期の主な出場実績、ユース組を除く、年齢は2016/10/31時点)

ゴールキーパー 4名

  • 楢崎(40歳)、武田(29歳)、荻(33歳)、西村(32歳)

センターバック 5名

  • 闘莉王(35歳)、竹内(33歳)、酒井(28歳)、大武(23歳)、オーマン(25歳)

サイドバック 4名

  • 矢野(32歳)、小林(25歳)、高橋(23歳)、安田(28歳)

ミッドフィルダー 8名

  • 田口(25歳)、ハデソン(31歳)、イスンヒ(28歳)、磯村(25歳)、明神(38歳)、青木(20歳)、矢田(25歳)、扇原(25歳)、森(21歳)

サイドハーフ・ウィング 7名

  • 小川(32歳)、永井(27歳)、松田(25歳)、和泉(22歳)、小屋松(21歳)、杉森(19歳)、田鍋(23歳)

フォワード 4名

  • シモビッチ(25歳)、川又(27歳)、野田(28歳)、グスタボ(20歳)

 

 上記の内、オーマン、安田、ハデソン、イスンヒは退団確定的。闘莉王は引退の可能性あり。田口、永井、川又には他チームからのオファー有りとのこと。

 

田口

 本人が仮に『日本代表に入るためにJ1でプレイしたい』と思うなら移籍止む無し。でも責任感じてるだろうし何となく出て行かないような気がしますね。技術と球際の強さ、戦えるメンタル持ちで、よっぽど変な役割を与えない限りどんなチーム・戦術でも活躍できるでしょう。てか去年あたりからグランパスは明らかに田口のチームなのでいないと超困る。残ってくださいお願いします。

 

永井

 良くも悪くも永井は永井のプレーしかできないと改めて示した1年でした。柔軟性には欠けるがスピードは間違いない武器。いると頼ってしまうが、サイドアタッカーとしては頭打ち感あり。さらに、年齢的に数年以内にスピードは絶対に衰えます。新指揮官の目指すサッカーの方向性次第で、むしろ売れる内に放出すべきプレイヤーなのかもしれません。

 

川又

 加入当時よりプレーの幅は広がっていますが、やはりフィニッシュ特化型ワンタッチゴーラーであり、良いアシストあってこその選手。フィニッシャーをゴール前で働かせられるチームを作る前提でなら必須の存在ですが、シモビッチが残る場合にはシモビッチで良いじゃんという。

 

以下、まだオファーや退団報道の無い人たち。

 

シモビッチ

 残って欲しいけどどうかなあ。J2でプレーしても良いと本人が思うでしょうか。そしてグランパスが年俸を出せるのでしょうか。現状では身長と身体の強さで競り合いには勝つけどポストプレーが上手いわけではない。万能型FWではなくフィニッシャー寄りの選手。実は川又と役割が被る。川又とどちらかを残そうとしたら両方いなくなってたってことだけは無いようにお願い申し上げます。てかオーマンいなくなるなら生活面でのサポートをチームとして何かしてあげてほしい。

 

闘莉王

 個人的にはもう楽にしてあげてほしい。どんなに長くてもあと半年だと思う。最速でもJ1で優勝争いするのは再来年で闘莉王37歳ですよ。いくら傑出していた存在とはいえ、37歳の闘莉王に頼らざるを得ないようではチームとして敗北でしょう。

 

楢崎

 引退されると辛いがJ2でプレイする楢崎をどうも想像できないし、仮に最速で再来年にJ1優勝争いするとして、その時点で42歳。う、うーん……。楢さんについてはもう本人の意向を尊重するとしか言えないですよね。

 

矢野

 J最高の右サイドバック。実力的には移籍オファーあっておかしくないですが、年齢と年俸がネックでしょうか。チーム事情で無理やりサイドバックにしたんだから、引退するまでグランパスが責任とって面倒を見てやるべき。ただ、もし本人がJ2嫌だっていうなら、今までありがとうとだけ。

 

野田

 今のフォワード陣では最も柔軟性があり相棒を選ばないタイプ。密かに重要なプレーヤー。ただ稼働率……。あとどうもボスコ戦術の理解度に難ありの模様。ボスコ続投なら意外と出て行くかも。ただやっぱり稼働率的にオファーが来るとはどうも思えないんですよね。

 

期待の若手達(小屋松、青木、杉森、田鍋、森)

 高卒時点で同世代トップクラス評価だったんだから上手く主力に育てたいんですよね。ゲームじゃないんだから使えば育つとは限らないけど使わないと育たない。ただ小屋松と杉森はプレーエリアやタイプが被っている疑惑アリ。全員これと言って結果を出していないので移籍オファーが来る可能性は低いかと。田鍋はそもそも来年も契約できるのか。覚醒田鍋見たいんですけど怪我の状況どうなんでしたっけ。

 

移籍加入初年度&ルーキー組(武田、荻、小林、和泉、高橋、扇原、明神)

 いくらなんでも1年でいなくなるとは思いたくないし、活躍したと言えるのは小林だけなので、移籍オファーの可能性は低いか。チーム編成的に武田と荻はいなくなると超困るのでさっさと契約更新しましょう。あと明神は流石に引退でしょうか。

 

中堅組(松田、磯村)

 松田にオファーがあるかどうか。リキ好きなんですが、残ってもシモビッチと川又と永井がいない状況でしかスタメンで出られない疑惑……。磯村はどうかなあ。わざわざオファーするとこあるとは思えないが……。

 

すっとこセンターバック組(竹内、酒井、大武)

 移籍オファーあるとしたら、まだ若いし身体能力と言う素質評価で大武にあるかどうか? しかし特に活躍したわけでもなく、わざわざオファーするチームがあるとは思えない。

 

 さてどうなることやら。次はまあ残るだろって人だけ集めて編成面でも考えてみましょうかねえ。

村正は肉厚でよく切れそうな刀でした

 行ってきました村正展。

 

www.city.kuwana.lg.jp

 

続きを読む

だから何だよって話

 結婚して以来継続している暗黙のルールが、

・先に帰宅した方が夕食作る

・僕の休日かつ僕が家にいる日は僕が夕食作る

・部屋の掃除は週末に僕がする

でございます。

 

 そんな暗黙ルールですが、妻の体調不良とかが発生したりすると、僕が後に帰ろうが夕食の用意を僕がします。まあ当たり前ですよね。苦しんでる人間叩き起こして僕の晩飯用意しろやとか言いませんからね。ついでに洗濯したり軽く妻の介抱したり色々あるわけですが、根本的には『動ける方が動く』だけですし、『自分と家族の生命維持をやってる』だけです。

 

 家事は一切しない夫とか今でもいるようですが、まあ所得とか家庭の事情とか色々あるとは思いますが、意味わかんないんですよね。だいたい平均的な所得だったら家事全てやるハウスキーパー雇うとか難しいですよね。じゃあ、家事一切しないんだったら、自分の健康で文化的な生活を自分で維持できないわけじゃないですか。それはつまり妻に自分の文化的な生活の生殺与奪権を与えているようなもので、そんな恐ろしいことよくできるな、とか思うわけです。

 

 僕は僕のできることをテキトーにやるだけというお話でした。

ネタばれ 時系列 君の名は。 感想

 

lagtydog.hatenablog.com

 

上記の続き。ネタバレ版感想です。

続きを読む