冒険者の犬

結婚1年経過した事務職が書く日記ブログです。

今期のグランパスがこれまでとは違う意味で若手の墓場になっている件について

名古屋グランパスはずっと「若手の墓場」と一部のサッカーファンから揶揄されてきました。とは言っても、年代によって実情は色々とありました。近年のストイコビッチ監督時代末期では、ベテラン化したメンバーを固定し、若手選手を使わなかったため、若手がサブの肥やしになっているとしてそう呼ばれていました。

 

f:id:Lag_TY:20140422144303j:plain

若手大好きなグランパス師匠がお怒りでした。 

 

もう若手の墓場とは呼ばせない!

今シーズン前の移籍や西野新監督の方針?もあり、若手・新人が試合に出ており、若手大好きファン大歓喜の展開となっておりました。

f:id:Lag_TY:20140422144432j:plain

グランパス師匠も一家で喜んでいらっしゃいました。 

 

……はずだったのに

f:id:Lag_TY:20140422144610j:plain

 

現在の名古屋グランパスの怪我人は次のとおりです。

 

小屋松 18歳 左膝前十字靭帯断裂 全治6ヶ月(今シーズン絶望?)

森 19歳 右膝前十字靭帯断裂 全治6ヶ月(今シーズン絶望?)

田鍋 21歳 右膝外側側副靭帯損傷 全治4週間(6月復帰?)

大武 21歳 右ヒラメ筋肉離れ 全治2週間(プロ未契約・復帰未定)

刀根 22歳 第2腰椎横突起骨折 全治8週間(8月復帰?)

牟田 23歳 左足関節前脛腓靭帯損傷 全治2週間(5月復帰?)

本多 23歳 ケガ(詳細不明) 強行出場中

野田 25歳 左膝内側半月板損傷・関節内骨軟骨損傷 全治3ヶ月(6月復帰?)

 

――――若手とベテランの壁――――

 

玉田 34歳 右足首痛(5月復帰?) 

楢崎 38歳 肩の怪我? 強行出場中

 

なんですか、これ……。

 

今後の怪我防止はもちろんですが、リハビリや復帰プラン等々のノウハウをクラブが蓄積しつつ発揮すべき状況です。正にクラブとしての底力が試されます。復帰を焦って選手生命絶望なんてことのないように、しっかりした管理をクラブにはよろしくお願い申し上げます。

 

  

以上です。