読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冒険者の犬

結婚1年経過した事務職が書く日記ブログです。

企業はもっと理系修士を採用しようじゃないか

雑感です。

 

文系院生のことはわかりませんので言及しません。

 

理系でそこそこ真面目に院生やってた人間は企業にお勧めですよ?

 

以下理由

 

 

1.長時間拘束に慣れている

 研究室に1日10時間くらい拘束される生活に慣れてます。僕もだいたい9時前には研究室行って、特に何もなければ19~20時頃に研究室を出てましたから、概ね毎日11時間は研究室にいましたね。

 僕はいる間ずっと真面目に研究やってるわけでもない程度の不良院生でしたが、中には本当に真面目にずっと研究・勉強している人がいます。

 

2.けっこう無茶なスケジュールにも慣れている

 今から48時間、1時間半に1度必ず対象を観測して記録しなければならない。……そんな実験してる人もいたりします。そこまでハードじゃなくても、実験がハードになってくると泣きそうになりながら色々やっています。

 僕の場合でも、土日祝関係なしで毎日かならず9時と17時に処理をしなければならない実験をずーっとやってました。修士1年の頃って、丸1日の休みは年間でも10日あったかどうかくらいでした。

 サラリーマンになって、休日があるって素晴らしいなあと思ったモノです。

3.給料をもらえると喜ぶ

 それだけ時間を使っても、修士時代はこっちが学費払って勉強させていただいている立場です。その反動なのか、原則として拘束時間分だけ給料が出る環境になるととても喜びます。

 

4.少なくともOFFICEは使える

 弊社の今季新卒なんかでも

「WORDは触ったことある」

EXCELはよくわからない」

PowerPoint……聞いたことあります!」

ACCESSってなにそれ食べられるの?」

こんな感じの世の中です。ACCESSはともかく、理系修士ならWORD、EXCEL、PPは絶対に使えます。

 

5.個人差はあるが意外と上には従順

 教授からの無茶ブリだったり、場合によってはきっついアカハラに耐えたりしています。心底納得しているかどうかはともかく、上から言われた事にはとりあえず従うメンタリティを持っているはず。

 

なんとなく独断と偏見で思いついたんで書いてみました。

 

と言うわけで真面目に婚活中です。

 

以上です。