冒険者の犬

結婚1年経過した事務職が書く日記ブログです。

あの時のことを思い出す

いきなりトピシュ先生に言及されました通知がきたので何かと思ったら……

 


その時々で持ち物が変わるから友人も変わる - 斗比主閲子の姑日記

 

 記事内に過去記事を張り付けられた場合でも、更新扱いになるのか? 言及通知が改めて届くようですね。

 上記の記事および自分が依頼した記事を読みました。

 あ~あったあったこんなこと。そういえば依頼もしましたね。実際には依頼時点でモヤモヤはあまりなくて、モヤモヤしてるという設定でネタを提供したんですよね。

 御礼の記事も当時書いたはずですが、理由は忘れましたが削除したようです。

 そこで、改めて僕も当時のことを思い出して以下につらつらと。

 

 

自業自得と言うのはその通り

 ええ、イライラしてましたね~あの時。それもこれも、さっさと誘いを断っておけば良かった。しかし、こちらから断って怒られてもめんどくせえな、と思って。だから相手が行けるなら行こうと、そんな日和った態度でいた自分、あ~ミスった!

 あと、いくらなんでも罪の意識を持ってくれって思ってました。自分から誘ってそんだけ人を振り回したくせに、自分は一切悪くない態度だったので。自分悪くない!が基本的姿勢態度の人ではあったけど、この状況でもそうなの!?って。

 最後に、信号待ち中に車から降りて帰るなんて行動は、もう非常識すぎて反則ですよね。状況および態度から全身全霊でお前(僕)が悪いって主張されてたんですよね。いや知らねえよ。こっちにも大いに選択ミスはあったけど、どちらかと言えば君が悪いだろと。途中で手首切ったり線路飛び込んだりされても気分悪いから、とりあえず帰宅は確認しましたけどね。

 

特定のリアル知人からやブコメ共依存と言われまくったが

 そんなことはありません。そもそも依存した覚えはありません。自覚がないから怖いと言われそうですが、当時でも今でも僕の基準は一貫しています。

 振り回されて、特に酷い話だけ知人に愚痴ったり記事にしたりしたので、そう見えちゃうことは仕方ないとは思うのですが。某知人には未だに共依存を疑われているのですが。

 それでも正直イラッとするわけです。共依存だのお助けおじさんだの可哀相な人だの言われると。

 

共依存とは何ぞや

 共依存についてWikiではどうなっているのかな。

共依存 - Wikipedia

共依存者は、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、そして相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平安を保とうとする”

共依存者は一見献身的・自己犠牲的に見えるが、しかし実際には患者を回復させるような活動を拒み(イネーブリング)、結果として患者が自立する機会を阻害しているという自己中心性を秘めている”

” 共依存関係は、一見すると献身的に見え、共依存者は「だってあの人は私が見捨てたら生きていけません」などの発言をすることが多い[6]。しかし行き過ぎて他人の世話をすることは、当人の能力を奪い、無力化し、その人の生殺与奪を自分次第とする支配になり得る[6]。愛情という名に「完璧に支配しているという快感」を得たいという自己中心性が隠されている。

 僕が推測するに、相手の無茶苦茶な言動に付き合っていたから共依存とか言われたのかな? でも別に自分の存在価値を見出して相手をコントロールしようとか、そんな欲求は無かったし、今でも無いです。

 

僕は共依存ではなかった=何故相手の言動に付き合っていたのか

 他人から誘われたら、特に断る理由が無ければ受けるという基本姿勢だから。これでほぼ全て説明できます。

 件の知人に対しても、予定が埋まってたりこっちの体調不良だったりで、誘いを断ったことは普通にありました。毎回毎回、何が何でも、向こうに付き合って振り回されてたわけじゃなかったですし、ごく普通に平和に飯食ってバイバイってことだって多かったわけで。ただ、普通の時、一々周りに言わないし記事にもしないだけであって。

 その上で、何回か振り回されても僕から絶縁しなかったもんだから、リアル知人に共依存とか言われたんですけどね……。

 でもさあ、話の上でなら(もっと言えばネット上でなら)絶縁なんて簡単に言えるけどさ、リアル知人と絶縁ってそう簡単にするもんじゃないでしょ。

 どんだけドライ冷徹な性格&人間関係だよと。結果的に件の知人とは現在では疎遠になったと言うかしましたけどね!

 あと意外とあっさり絶縁する人も普通にいるって知ってしまいましたけどねw まあそういう価値観の人はそれはそれで。僕はそうじゃないというだけで。

 更には、上記リンクのトピシュ先生の記事のように、状況が変われば知人友人関係も変わるのは当然のことです。しかしあの時には別に状況変わってなかったからなあ。

 

お助けおじさんでもなかったです

 手を差し伸べたり、「存在しない加害者」に対して攻撃したりしたこともありません。話を聞いて助言くらいはしました。そして無視されました☆

 

可哀相な人……うるせえ!

 普通に他にも友人いるっちゅーねん!

 

再びWiki先生

共依存者には以下の特徴が見られる。

  • 他人の面倒を見たがる[10]
  • 自己の価値を低く見る[10]
  • 抑圧的である[10]
  • 強迫観念にとらわれやすい[10]
  • 相手をコントロールしたがる[10]
  • 現実を直視できない[10]
  • 何かに依存せずにはいられない[10]
  • コミュニケーション能力に乏しい[10]
  • 他人との境界があいまいである[10]
  • 信頼感を喪失している[10]
  • 怒りの感情が正常に働かない[10]
  • セックスが楽しめない[10]
  • 行動が両極端である[10]

 必ずしも、上記特徴に当てはまったら共依存てわけでも、当てはまらなかったら共依存じゃないってわけでもないんでしょうけど、僕の場合どうなんでしょう。

 

・他人の面倒を見たがる 

 そういう意味ではハッキリ言って超面倒くさがりです。例えば仕事ではさっさと一人前になって欲しいから、そのための面倒は見ますが。

 

・自分の価値を低く見る

 どうなんですかねえ。根拠のない自信には定評がありますね。

 

・抑圧的である

 そんな衝動や願望を抑え付けたりしてねーっすw

 

・強迫観念に捉われやすい

 ないないw

 

・相手をコントロールしたがる

 支配したいって願望は無いですね。予想外のことが起きるから人間は面白いわけで。

 

・現実を直視できない

 時と場合によりますが、直視しているかと。

 

・何かに依存せずにはいられない

 アルコール依存症にはならないように気を付けています。

 

・コミュニケーション能力に乏しい。

 昔、自分ではそう思ってましたけど、実はめっちゃある方だと他人からよく言われます。

 

・他人との境界が曖昧である

 これはちょっと意味が解らないですね。自分は自分で他人は他人でしょう。

 

・信頼感を喪失している

 他人に対してのですか? 信頼できる相手は信頼してますよ。

 

・怒りの感情が正常に働かない

 全体的に感情が薄いし、滅多にブチ切れたりはしませんけどね。でも怒りますよ。最近では艦これ6話の録画に失敗してたときにやり場のない怒りが有頂天! あと読み直した記事でお助けおじさんとか言われてたのを見てイラっとしましたw

 

・セックスが楽しめない

 大好きです。しかしながら、もう長い事やってません。

 

・行動が両極端である

 どうなんですかね。僕よりもっと極端な人を何人か知ってるから、その人たちと比べたら普通の範疇なんじゃないですか。

 

締め

 設定の後出しはネットでは嫌われますよね。でも一々書かないような、さしてネタになるわけでもない日常が背景にある。そんくらいわかっとけバーカということでございました。

 

ほっこりしましたか?

 

だいたいそんなかんじ。