冒険者の犬

結婚1年経過した事務職が書く日記ブログです。

子供のころから2m以上はヤバいって教育すべきだと思うよ実際

bylines.news.yahoo.co.jp

 見栄えよりも安全性。まったくもってその通り。もう第1弾の記事の発表から1年も経つんですね。

 

 

【緊急提言】組体操は,やめたほうがよい。子どものためにも,そして先生のためにも。▽組体操リスク(1)(内田良) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

 第1記事、恐らく内田先生が狙って煽りタイトルにしているせいで、コメント欄が超賑やか。

 

組体操が「危険」な理由―大人でも許されない高所の無防備作業 ▽組体操リスク(2)(内田良) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

 第2記事でもうかなり落ち着いています。

 

四人同時骨折 それでも続く大ピラミッド 巨大化ストップの決断を ▽組体操リスク(4)(内田良) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

 第4記事でまた賑やかに。

 

特に第1記事と第4記事のコメント欄がネットウォッチ的には趣深い。

 

で、第2記事で引用している労働安全衛生規則ですが

第五百十九条 事業者は、高さが二メートル以上の作業床の端、開口部等で墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのある箇所には、囲い、手すり、覆(おお)い等(以下この条において「囲い等」という。)を設けなければならない。

2 事業者は、前項の規定により、囲い等を設けることが著しく困難なとき又は作業の必要上臨時に囲い等を取りはずすときは、防網を張り、労働者に安全帯を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。

労働安全衛生規則

  大の大人であっても、2m以上の高さから落下すると重大な後遺障害の残るケガをしたり死亡したりする可能性が高いんです。いや、むしろ大人の体重は子供と比べ重たいので、大人の方が危ないかもしれません。

 会社であれば、2m以上のいわゆる高所作業に労働者を従事させて、上記規則のような対策を怠った上でケガや死亡が発生すると、重大な過失と認定されます。

 僕は仕事上で労災の事例を見る機会がちょこちょこあります。やっぱり死亡災害って転落か挟まれが多いんですよね。で、転落って、どうして転落するのかと言えば、やはり上記規則のような対策をしていなかったか、していたが労働者が守らなかったから。

 大人職場でのルールと子供のルールを一概に語っていいのかよくわかりませんが、少なくとも、この『2m以上はマジヤバい』ということは子供のころから大いに教育しても損は無いかと思います。

 単に2mと言っても、自分の意思で飛び降りる場合と転落は違います。足から飛び降りて死亡する人はほぼいない。最悪骨折くらいでしょうか。しかし、2mの高さから転落して後頭部を打ったりしたらマジで死にます。

 

締め

 内田先生の記事の中では、特に危ない組体操として5段以上の人間ピラミッドが挙げられてますよね。実際どんなに危ないかは記事に書かれている通りです。上の方では転落の危険が、下の方では何人分もの体重がかかる。ハッキリ言って業務上ではあり得んほど危険ですよこれ。4段までを厳守するとか他の何かに置き換えるとかすべきでしょうね。

 

余談

 元記事のコメントで、「私は昔自分がやって感動したので子供は組体操をやるべきだ」としか読み取れないコメントをされている方がいらっしゃいます。

 実際に危ない行為に対して、やってみれば(そして成功すれば)感動するから良いだろって言っているわけです。何と言いますかこう、非常に毒親の臭いがしてネットウォッチ的には美味しいコメントですよね(ゲス顔)。

 

 だいたいそんなかんじ