読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冒険者の犬

結婚1年経過した事務職が書く日記ブログです。

妻に初めて腹を立てた話

 腹を立てて飲んだくれたという話です。

 

 

[経緯]

妻は先に出ていて、僕は家に居て、後で外で合流する約束だった。

約束の2時間半前、ついでに用事を片付けようとした僕も、少々早いが出掛けた。

最寄駅のホームにて電車待ち中、妻より連絡あり。

「忘れ物をしたから○時までに持ってきて!」

あらまあ、仕方ないわね、と家に戻って忘れ物を取ってくる。まずこれで約30分余分にかかった。

○時10分前に約束の場所へ。電話する。出ない。

40分経過。

妻来る。渡す。

「○時までに来て電話してくれって言ったんだから電話出てよ」

「打合せが長引いちゃって」

「それは想像ついてるけどね……電話してって言ったんだからさ……」

「約束までどうする? ここにいる?」

「(冗談じゃないぞ!)いや気分転換してくる」

 

その後、約束は果たして、妻の荷物持って帰りました。

妻は飲み会に行きました。

僕は家で飲んでました。

 

妻帰宅。

「あれ、飲んでるの」

「今日は機嫌悪いからね」

「……私のせい?」

「そうだね」

 

【締め】

これが流れるように相手のせいにして酒を飲む責任転嫁術である!

 

だいたいそんなかんじ。

こんなんでも平和です。