冒険者の犬

結婚1年経過した事務職が書く日記ブログです。

蒼ヴァルのクリア後感想

 

 

雑感

 サブウェポンを全部開発しないと気が済まなかった&各キャラの武器を鍛えないと気が済まなかったので、稼ぎをしつつ進めていたら、気付けば100時間オーバー。時間を見るとよくやったなあと。これだけの時間プレイしていたんだから、それほどストレス無く面白くプレイしていたということなのでしょう。計測してるわけではないですが、ストーリーに関するムービーが多分10時間ちょっと。それ以外のムービーが5~6時間くらい? 合わせて20時間弱くらいがムービーだったと思います。ミッションでも、ストーリーミッションだけなら恐らく15時間くらいじゃないでしょうか。つまりメインストーリーだけやるとおよそ30時間のプレイ時間で、スキップしなければその4~5割くらいがムービー時間。まあ確かに多いですよね。ムービー多過ぎと文句言う人は言うでしょう。個人的には、時間の無い時ではムービー飛ばして後で見直したり、疲れててミッションをやる気の出ない時にムービーだけ見たりとか、最初からスキップできるんだからそう文句もありませんでした。

 

ストーリー

 捻りはあまりなく、私怨で戦争始めちゃった主人公達の話。主人公達有能杉内感はあれども、めちゃくちゃなトンデモ展開や破綻も無く、プロの脚本家に担当させた成果は感じられました。個人的に最も好感度高かったのは安易な恋愛展開無しという点。オフィーリアちゃんは多分アムレート君好きでアムレート君もまんざらでもないんやろな……と匂わせる程度に留めておいたのは非常によろしかったと思います。隠し含め、エンディングも、想像の余地を残していてよろしいんじゃないでしょうか。ただ事後穏やかに生活する姿はあまり想像できないけど。

 

システムまわり

 戦闘システムはけっこう良かったと思うんですよ。味方AIがアホなのは目に付くけれど、装備とパーソナルをちょこっと考えてやれば最低限の働きはしてくれますし、ほんのちょっとAIの頭良くすると、人の操作が多分いらなくなるレベルになっちゃうと思われます。

 難易度的にも、突っ込んで殴ってればいい序盤、ある程度サブウェポンも意識して運用しないとややきつくなってくる中盤、呪術を大いに活用しないと無理な終盤とけっこうメリハリあって良かったかなと。ストーリーだけ追いかけて3キャラくらいしか武器鍛えず、ラグナイトも収集してないようなプレイヤーだと終盤はきつかったでしょうね。ただどんなRPGにおいても、特にラスボスに楽に勝ちたければ、よっぽど事前準備して戦術練るか、レベル上げは必須であり、許容範囲内かな。

 個人的に戦闘面で不満だったのは、スナイパーライフルの微妙性能。ただ偵察兵と支援兵は一撃で仕留められる程度の威力ではあり、そういう運用をしろということなのでしょう。特に終盤において敵突撃兵と装甲兵は呪術を使わないと基本的に一撃では倒せませんので、そういうバランス調整ということは納得できます。

 敵の大ボス級の皆様におかれましては、なかなかバラエティ豊かでけっこう面白かったですよ。まああの飛んでるアイツには非常に時間を使わせられられてイライラしたり、あの足踏み振動がとにかくうざいあのギル野郎にもイライラしたりしましたが……ただ今にして思えば、その辺のボスには割り切って支援兵で呪術メインで戦えばよかったのかもしれません。

 ぶっちゃけ支援兵(特にサラ)一人でクリアできるやんというのは、設定的に呪術がめっちゃ強い(一般人には呪術も呪構武器も使えない)という点において矛盾が無いので特に気にしてません。つか支援兵で無双するにはそれなりにレベル上げや準備もいるので、そこまでキャラステータスとプレイヤースキル上げた上で無双は別にいいんじゃないですか。

 

不満・改善要望点

  • ギルーシュバグ(説明不要)。あれは中古入手組とか怒るぞ。
  • ラグナイト所有数はせめて250上限に修正してほしかった。ちょっと稼いでるとすぐ上限いっちゃう。連戦してからまとめて強化したいときとかあるんすよ。
  • 街のイベント不足。戦況の変化が出るのはいいんですが、もうちょっと何かイベントほしい。途中から街の存在意義がシステム上無くなっている。
  • コミュニティイベントと断章の数。ある程度稼ぎつつプレイしてると4~6章くらいでもう全部見ちゃうんですよ。終盤でなければ見られないイベントなんかもあると、時系列を意識できて良かったのではないか、などと。
  • 戦闘マップ数。マップそのものの数を増やすか、もーちょっと大胆に敵に配置を変えてくるか、そのあたりあれば良かったですねえ。

 

まとめ

 Amazonでの☆評価などを見ていると、主に、戦ヴァルやりたかったのに戦ヴァルじゃないとか、ムービー多すぎとか、そんなん序章体験版やればわかったやんけという、ほぼまともにプレイしていないと思われるマイナス評価がめっちゃ多いですね。個人的には戦ヴァルやりたいなら戦ヴァルやればいいじゃん、これは蒼ヴァルだから別ゲーじゃん、と思っています。もうちょっと、量なのか調整なのかした上での続編とか、ものすごく面白くなりそうだと思うので、SEGAには頑張っていただきたいものです。

 で、ところで『その後』にほぼ言及されていないのは、続編でも使えるようにということですよね?

 

だいたいそんなかんじ