冒険者の犬

結婚2年半経過した事務職が書く日記ブログです。

小ネタ:人をどう認識しているか

マリノスケヤクザのささゆかさんと会話をしていて思ったことです。

 

 

続きを読む

オッサンたちの宴 ~たまには飲み会の日記でも書いておこう~

 

 僕のツイート見てた方はだいたいおわかりだったと思いますが、先週(7月6日金曜日)いつメンのお前ら様と飲んでたんですよ。試合日には常時オフ会状態だったりもするんですけど、ツイッター経由で知己を得た方と飲むというのも、やってる人はやってるがやらない人はやらないもの。たまにはこういう記録なんかも後で読み返してクスッとなるかもしれないと思ってかるーく書いておきます。

続きを読む

妻ブロック問題について、そんなにブロックされてない夫立場で書いてみよう

タイトルどおりです。すごい二番煎じ感 あるし、正直に言えばみぎさん程に面白く書ける自信が無いのですが(^▽^;) でも、こんな事例もひょっとして誰かの参考になるかもしれないし、自意識過剰かもだけど、僕、多分みぎさんに

「お前も書けよオラッ!」

て誘われてる感じだから書いてみましょう。

 

目次 

  • これらの記事読んで書いたよ↓ 
  • はじめに 僕の状況
  • 妻と言うハードルを飛び越えろ!
    • 観戦事情は?
      • 1.妻仕事+デーゲームの場合
      • 2.妻仕事+ナイトマッチの場合
      • 3.妻休み+デーゲームの場合
      • 4.妻休み+ナイトマッチの場合
      • 5.平日ナイトマッチ
      • 6.アウェーゲーム
      • 7.テレビ(DAZN)観戦
    • グッズとかファンクラブとか
    • 飲み会とか
    • ブログとか
  • 最後に 今後のこととか注意事項とか

 

これらの記事読んで書いたよ↓ 

 

migiright8.hatenablog.com

 

続きを読む

とある方へのお別れの手紙

尊敬していた、いや、今でも尊敬しているあなたへ。

 

あなたはきっとこれをお読みにならないと思いますし、もし読まれたとしても「こいつ何言ってるんだよバカか」って思うだけだと僕は思うんですよ。でもそれでも良いんです。自己満足の極みですが、最後に、できればあなたに伝えたかったことをここに書いておきます。

僕はあなたを尊敬していました。特にその見識を。人間性には若干の疑問もありましたが、それでもその見識を尊敬していて、できればお近づきになりたい、親しくなりたいと思っていました。

 

でも、適いませんでした。

 

その理由は主に僕の素行や性格面にあるのでしょうし、端的に言えば僕とあなたは『相性が悪かった』としか言いようが無いのでしょう。とても残念です。だがしかし、仕方ない。自分が親しくなりたいと思った人全てと親しくなれるわけも無い。それでも、心のどこかで一発逆転な何かが起こらないかと期待していた僕もいました。

 

それも終わりにします。

 

明確に嫌われた相手に執着するのは、はっきり言えばおかしい人です。何よりも迷惑でしょう。尊敬している方に迷惑をかけるのは本意ではありません。あなたがどう思い、そしてどう行動されようとも、僕は僕に残された最後の尊敬の心でもって、あなたに関わらないようにします。

願わくは、健やかで豊かな人生を過ごされますよう、心からお祈り申し上げます。

 

※男と女の話ではありませんので念のため。

親と子と、面倒を見るということについて

 特に、親と子にありがちだと思うんですけど、親は『子は自分を好いている』と思い込んでるし、子は子で『親は自分を好いている』と思い込んでる。いや、多くの場合においてそれは思い込みではなく真実なんでしょう。でも、本当に思い込みの場合もあるんじゃないでしょうか。実は意外と好かれてない………どころか嫌われているということが。

 概ね平均的な親子であれば、子供の幼少時においては基本的にはお互いを好きですよね。好きの内容まで細かく見ると色々あるんでしょうけども。ところが、子供が大きくなって、思春期を経て、一己の成熟した人格を得た時に、お互いに人と人として見てお互いを好きでい続けられない親子って意外といるんじゃないですかね。父がだらしないよなとか、母がしょーもないよなとか。この息子ムカつくよなとか娘いいかげんにしろとか。それでも戸籍上の家族で血縁関係があると色々あるわけで、まあそれなりに円満な家計を維持する方がトータルとしては楽チンなはずです(異論は認める)。そして一度こじれてしまうと元に戻すのは大変………と言うか戻せない。別の安定した形になる場合はあるかもしれませんが。なので、基本的には強者の側である親が、子供が難しい時期であってもそれなりに平穏な関係を維持するコストを多く支払うべきなんじゃないか、と思うんですね。じゃあそれって何かと言うと、衣食住の維持に始まり、子の世話をする、話を聞く、相談に乗る………等々、要は『面倒を見る』ということですよね。

 親子関係とは子の生まれた時からの継続的な積み重ねですから、どっかのタイミングで面倒を見なくなったら、もう後からやろうと思ってもできません。例えば10歳の頃に話を聞いてもらえなくて傷ついた子が、大きくなって親に話をするかと言うとやらないでしょうし、やれってのが酷でしょう。親として常時真剣に応対しろというのもそれはそれで酷とも思いますけど、最低限の誠意であるとか思いやりとかはやっぱり必要なんだと思います。ところが、子が小さな頃だと簡単だったことが、成長してくると、相談一つ取っても複雑になってくる。ハッキリ言って他人の相談に乗れる大人なんてあんまいないんですよ。面倒を見切れなくなってくる。そこで投げ捨てちゃうのか、変わるのか、諦めてもらうのか。ひょっとして必要なのは

「自分はその件の力にはなれない」

と説明する勇気なのかもしれませんね。

 取り留めの無い話でしたが、ぼんやりそんなことを考えたという記録でした。

婚活のザックリしたまとめ

 一部の人の参考になるかもしんないなと思ったので、僕の婚活記録および教訓をダーっと書いておきます。

続きを読む