冒険者の犬

結婚2年半経過した事務職が書く日記ブログです。

2017年の名古屋グランパス

 さて、2016の出場実績的に2017年を考えてみましょう。

 

f:id:Lag_TY:20170117175415j:plain

  • GK  : J2以上での出場実績を持つ選手が4人。GKは質量ともにJリーグ最高かもしれないですね。何の心配もいらないでしょう。
  • CB  : Jでの実績との観点ではちょっと不安のあるメンバー。シャルレスが当たりかどうかで事情がかなり変わりそう。場合によっては宮原がCBに回ることも想定されます。
  • RSB : J1での実績ほぼ皆無の二人。実は超手薄。恐らく小林将または磯村がRSBのスタメン争いに入ってくると思われます。
  • LSB : 内田の加入により、攻撃力に特徴のあるLSBが2枚揃うというJ的には珍しい事態に。この2人の内、勝った方がスタメンで特に問題ないと思われます。大怪我だけは勘弁な。
  • CH  : 残ってくれてありがとう田口。田口残留のおかげで、田口と小林裕スタメンでワシントンサブでいいんじゃね? という感じに。宮原も八反田もいてけっこう厚い選手層となりました。なおオフでのコメントでファンを泣かせた磯村は……てっとりばやく試合に出たければRSBだろうか……。
  • OH  : 押谷加入が大きい。和泉と矢田にとっては手ごわいライバルですね。和泉には是非ともスタメンを勝ち取っていただきたいところ。
  • RSH : 出場実績的には小林将と青木。左もそうなんですが、他のポジションから押し出されてきた選手がスタメン争いをしそうです。
  • LSH : 杉本しかいない。OH、CF組がここのスタメン争いに参戦するでしょう。
  • CF  : ツートップなのかワントップなのかで誰が出るやら。個人的にはシモビッチ推し。永井、杉森あたりは右サイドの戦いに回ることも予想されます。

 

 複数ポジションできる選手を集めたという下條GMの言葉もあるとおり、中盤では相当なシャッフルがあると思われます。特に攻撃的な位置では、ポジションに固執しない、試合途中でポジション入れ替えてもプレイできるような選手が重宝されるかもしれませんね。どうなるかまったく予想もつきませんが、予想がつかないくらいに、少なくとも選手の頭数は揃ったということで、まずは一安心するとともに、監督のコメントや練習試合結果に一喜一憂したい所存。

 

 だいたいそんなかんじ。