冒険者の犬

結婚2年半経過した事務職が書く日記ブログです。

間にいる意味の無い営業マン(ちょっとした仕事の愚痴)

 

 僕が窓口になって、僕の会社は某社(以下、A社と表記)からとある商品を買いました。A者の担当営業マンはAAさんでした。その商品のメーカーは別のB社でした。B社の営業マンはBBさんでした。つまり、実際のやり取り上としては

 僕(会社窓口)⇔AAさん(A社窓口)⇔BBさん(B社窓口)

という形で、これ自体はとてもよくあることです。

 

 

 さて、商品の初回注文数が、BBさんの説明間違いのせいで、実際の必要数よりかなり多くなってしまいました。将来的には不要分も使用するのですが、それがいつになるかわからない(恐らく数年後)。ですから、ひとまず不要分を返却するので、その分だけ請求金額を減らして欲しいという依頼を、次の説明とともにAAさんにしたわけです。

  • BBさんの説明間違いによる返品であること。
  • BBさんもそれは認識していること。
  • AAさんは納品時に現地にいなかったので事後連絡で申し訳ないこと。
  • 不要分を返却したいのでどうすればいいのか返答してほしいこと。

AAさんからの回答は

  • 必要になった際に使ってもらえばいいし、その際の事務手数料はかからないとB社が言ってます。

僕、ん? となる。それは返品をせずに、今回請求が発生する前提での話ではないのか。それではA社の見解としては

「いや~間違って不必要に大量の納品しちゃったけどそのうち使うもんでしょ? お金払ってね☆」

ということなのか。色々不安があり、返品をしなくても今回の請求は発生しないということで間違いないのか、と念のため確認。AAさんは、

「B社は発生しないと言ってます! 不安だったら証拠に残るようラグさんとBBさんにメールで送ります!」

と電話口で言い切る。おお~AAさんにしては強気だなと思っていたら、届いたメールを見てビックリ。

『次回、使用する際には事務手数料は発生しません……とB社に確認取れてます』

……おいこら、返品についての話がやっぱり何も確認できてないんちゃうか。この時点でさてどうしようと思ったのだけど、敢えてバカ正直に

『返品しなくても請求発生しないんですね! すご~い! A社さんありがとう!』

とBBさんにもccつけて返信したら、今日になって

『請求発生しないかB社に確認中です!』

とAAさん仰る。

 

あのさあ

 

 これに限らず、BBさんがこう言ってますからこうしてください、と言われて現地でBBさんに確認したら、そんなこと言ってないとか、逆に僕のこういう要望はどうなってるのかと聞いたらAAさんが情報とめてたとか。過去の経緯でA社をはずすわけにはいかないのだけど、間に入ってるなら、まず僕の要望を把握した上でB社と交渉するのがAAさんの仕事やんけ。メッセンジャーボーイなんていらないんですよね。メッセンジャーすらできてないわけだし。

 まあこれが一段落したら当分連絡することも無いし、きっと次に話をする頃には黙っていてもA社の担当が替わっていることでしょう。替わってるといいなあ。

 

だいたいそんなかんじ。